カナエルチカラ。27の専門学校。NSGカレッジリーグ

オープンキャンパス資料一括請求お気軽にお問い合わせください。025-210-8560

学費サポートプランのご案内

NSGカレッジリーグでは、ご家庭の経済状況から学費の準備が厳しい場合に、全国的に多く用いられている日本学生支援機構の奨学金から、NSGカレッジリーグ独自の制度まで、豊富な奨学金制度をご利用いただけます。

日本学生支援機構 奨学金制度 〈第一種〉 年額最大72万円。全国で最も利用されている制度です。
高校在学中に予約できます。
専門学校在学中にも申請できます。
日本学生支援機構 奨学金制度 〈第二種〉 年額最大144万円。全国で最も利用されている制度です。
学費のほぼ全額を借りたい方向き。
高校在学中に予約できます。
専門学校在学中にも申請できます。
NSGカレッジリーグ無利子奨学制度〈新卒者〉 年額30万円。NSGカレッジリーグ独自の制度です。
NSGカレッジリーグ無利子奨学制度〈新卒者以外〉 年額42万円。NSGカレッジリーグ独自の制度です。
NSGカレッジリーグ母子・父子家庭奨学制度 学費の一部を免除する制度です。母子・父子家庭の入学時の負担を軽減するNSGカレッジリーグ独自の制度です。
NSGカレッジリーグ災害奨学融資制度 最大500万円。災害にあわれた方に対してNSGカレッジリーグの学校法人が保証人となり、低い利率で利用できる制度です。
地方自治体の奨学金制度 都道府県や市町村の制度で、一般的に利率も低く、定住や就職で返還が免除される場合もある制度です。
国の教育ローン 最大350万円。政府系金融機関による低い利率の教育ローンです。
NSGカレッジリーグ提携教育ローン 最大500万円。オリコ、セディナ、ジャックスとのクレジット契約を低い利率で利用できます。
NSGカレッジリーグ学費奨学融資 最大500万円。経済的に就学困難で、各種教育ローンを受けられない方のための制度です。
その他公的な奨学金・民間団体の奨学金 あしなが育英会など、都道府県や市町村以外の団体の奨学金です。
NSGカレッジリーグ特待生制度 各校で実施する制度です。成績やスポーツ、学校生活でのがんばりを評価します。入学選考料や入学金、授業料の一部を免除(条件があります。)する制度です。
NSGカレッジリーグSR制度 学費の一部を免除する制度です。ご家族や親戚にNSG関連の方がいらっしゃる場合に適用できます。
NSGカレッジリーグ学費分割納入制度【新設】 毎月の収入から学費を支払いたい方のための制度です。

現在、日本の経済状況は、厳しい不況から回復できていない状況です。また、東日本大震災や豪雨災害などで被災された方々も多くいらっしゃいます。これらによって経済的な事情で進学をためらっているというご相談も多く寄せられています。進学をしたくても、入学金・学費・教材費への支出は、間違いなく大きな負担です。しかし、今、手元のお金が不足していても、あきらめないでください。奨学金や教育ローンという、学費の支払いを支援する各種制度が数多く設けられています。
奨学金や教育ローンを利用することは、珍しいことでも恥ずかしいことでもなく、ごく普通のことです。日本学生支援機構の奨学金だけでも、平成24年度の一年間のみで、全国で約45万人(緊急採用等を除く)もの利用実績があります。卒業された方や在校生の先輩にも、奨学金や教育ローンを利用している方は、意外に多いのです。

奨学金とは、学費に充当するお金を学生が借りて、将来、仕事に就いてから、借りた学生本人が返済していくものです。返済が不要な給付型や、借りたお金に利息が付かない「無利子タイプ」のものがあるなど、条件も様々です。また、学校自体が持つオリジナルの制度から、日本学生支援機構、都道府県や市町村、財団や企業などの民間団体まで様々です。できるだけ周りのチカラを借りずに、自分で頑張りたいという方に、オススメです。
教育ローンとは、学費に充当するお金を原則として保護者が借りて、保護者が返済するものです。 進学を目的としていることから、国の教育ローンが設けられています。 また、銀行やクレジット会社でも設定されています。 特にクレジット会社では、学校との提携ローンが設定されているケースも多く見られます。

進学のために使うお金は、将来の自分に対する投資だと言えます。今、経済的に苦しいからといって学ぶのをあきらめることは、将来の大きな後悔につながります。
専門学校は、職業についての知識や技術を身につける、将来のシゴトに直結した学校です。今こそ自分に投資して、職業に就ける能力を身につければ、就職活動での強みにもなります。また、社会で必要とされる資格を取得すれば、得られる収入も違ってきます。

日本学生支援機構 奨学金制度〈第一種〉日本学生支援機構 奨学金制度〈第二種〉

〈予約採用制度〉
高校3年次に卒業後の進学に備え、奨学金を予約できる制度です。事前に高校の事務局または進路指導の先生に相談してください。

国の教育ローン

各銀行の教育ローンをご希望の方は、それぞれの銀行へお問い合わせください。

日本学生支援機構 奨学金制度〈第二種〉NSGカレッジリーグ災害奨学融資制度NSGカレッジリーグ提携教育ローン

諸事情によりIの借り入れが行えない方

NSGカレッジリーグ学費奨学融資

※在学中の学費納入に不安のある方、提携ローンが不可でもJの奨学制度をご用意しております。
出願前に学校事務局へ、まずはご相談ください。

NSGカレッジリーグ<br>学費分割納入制度【新設】
日本学生支援機構 奨学金制度〈第一種〉日本学生支援機構 奨学金制度〈第二種〉

〈進学後採用制度〉
予約採用制度で申請されなかった方は、入学後の4月に申込みます。

在学中は
月々0

卒業後に
月々8,833

月々奨学金が支給されます。

日本学生支援機構 奨学金制度〈第一種〉

※予約採用、進学後採用

在学中は
月々0

卒業後に
月々10,055

[金利 3%の場合]
月々奨学金が支給されます。

日本学生支援機構 奨学金制度〈第二種〉

※予約採用、進学後採用

在学中は
月々0

卒業後に
月々10,000

NSGカレッジリーグ無利子奨学制度〈新卒者〉

※NSGカレッジリーグ独自の奨学制度です。

在学中は
月々0

卒業後に
月々14,000

NSGカレッジリーグ無利子奨学制度〈新卒者以外〉

※NSGカレッジリーグ独自の奨学制度です。

在学中は
月々0

卒業後に
月々10,000

NSGカレッジリーグ母子・父子家庭奨学制度

※NSGカレッジリーグ独自の奨学制度です。

在学中は
月々2,916

卒業後に
月々18,191

[金利 3.5%の場合]

NSGカレッジリーグ災害奨学融資制度

※NSGカレッジリーグ独自の奨学制度です。

国の教育ローン

在学中は
月々1,800

卒業後に
月々17,900

国の教育ローン

[金利 2.05%の場合]

NSGカレッジリーグ提携 教育ローン

在学中は
月々2,916

卒業後に
月々18,000

NSGカレッジリーグ提携教育ローン〈セディナの場合〉NSGカレッジリーグ提携教育ローン〈ジャックスの場合〉

※卒業してからの返済が可能です。
(この場合、在学中は利息のみの支払いです。)

NSGカレッジリーグ学費奨学融資

在学中は
月々2,916

卒業後に
月々18,191

[金利 3.5%の場合]

NSGカレッジリーグ学費奨学融資

※卒業してからの返済が可能です。
(この場合、在学中は利息のみの支払いです。)

在学中は
月々3,250

卒業後に
月々18,000

[金利 3.9%の場合/最終回のみ6,634円]

NSGカレッジリーグ提携教育ローン〈オリコの場合〉

※卒業してからの返済が可能です。
(この場合、在学中は利息のみの支払いです。)

地方自治体の奨学金制度

※新潟県・市町村の奨学金制度があります。
各窓口にお問い合わせください。

その他公的な奨学金・民間団体の奨学金

※新潟県の各自治体窓口をご紹介しています。
新潟県以外の自治体にも同様の貸付制度があります。

NSGカレッジリーグ特待生制度

※NSGカレッジリーグ独自の奨学制度です。 ※さまざまな条件に基づいて、入学金や学賞の一部を特待生基金より給付する制度です。

SR制度(Student Recruit)

※NSGカレッジリーグ独自の奨学制度です。 ※NSGカレッジリーグの在校生・卒業生の紹介により入学を希望される方について、入学選考料や入学金等を免除する制度です 。

NSGカレッジリーグ学費分割納入制度【新設】

※NSGカレッジリーグ独自の奨学制度です。 ※日本学生支援機構の奨学金を採用することを前提として学費、教材・研修費、海外研修旅行費を毎月の分割納入とする制度です。

不安解消!「学費」なんでもQ&A

A

可能です。
NSGカレッジリーグの奨学金は出願時、日本学生支援機構の奨学金は高校在学時の予約採用や入学後の申込みがあります。それぞれの時期に、忘れずに申込みをしてください。

A

NSGカレッジリーグ特待生制度があります。入学時や進級時の成績や生活態度が良好な方について、入学金や学費の一部を免除する制度です。専門学校によって内容が異なりますので、詳しくは各学校にお問い合わせください。

A

国の教育ローンでは、既に兄弟(姉妹)の方が利用されていても、学生1人につき300万円までの融資を受けることができます。また、各種NSGカレッジリーグ提携教育ローンも融資を受けることができます。

A

各種奨学金や銀行の教育ローンについては、各個人にお金が振り込まれます。よって、借り入れたお金を生活費にあてることもできます。ただし、一部の金融機関で提供される教育ローンでは、金融機関から学校に直接、「学費」として納入されるため、生活費にあてることができません。

A

NSG力レッジリーグ学費奨学融資の制度をご用意しています。この制度は、学校法人が保証人となり、学費の融資を受けられるようにするものです。
※詳しくはこちらをご覧ください。

A

進級するときにも各種奨学金の申込み案内がありますし、進級生に適用される特待生制度を用意している学校もあります。詳しくは各学校にお問い合わせください。

各種奨学金・教育ローンの申込みやお手続き時期について

お申込み方法・ご相談:各学校事務局または学費サポートセンターへお問い合わせください