カナエルチカラ。27の専門学校。NSGカレッジリーグ

オープンキャンパス資料一括請求お気軽にお問い合わせください。025-210-8560

新潟農業・バイオ専門学校 (ABio)

「新潟で学ぶ」行政、そして地域とともに学ぶことのできる仕組みが確立!「農業」「醸造」「食品」「きのこ」「バイテク」そして「フラワー」はこの学校で学ぼう!!

バイオテクノロジー科/2年制・4年制

ナンバーワン・オンリーワンの特徴

地元産にこだわった原材料で「日本酒」「ワイン」「焼酎」等だけではなく「醤油」「味噌」の製造技術が学べます。この他、きのこメーカーと教育提携を行い「きのこ生産」を深く学ぶことができるコースも設置しています。また、2年制の他に、4年制学科も設置されており、専門学校の実践力の習得にプラスして大学卒業もできます。学費面でも私立理系大学の平均額よりも4年間で264万も低い学費設定となっています。

新潟で学ぶメリット

酒蔵元日本一(国税庁調べ。2015年度)を誇る酒どころ新潟ならではの酒造の醸造技術をそのまま学ぶことができます。また農業生産を学ぶ学科が併設されており、その学科とのコラボレーションにより、食品加工・開発については、生産からの一貫した学び、6次産業化についても詳しく学ぶことできます。全国でも珍しい、米どころ、酒どころの新潟らしい実習が待っています。

卒業生の声

氏名 仙波 拓郎
就職先 末廣酒造株式会社
職種 醸造(日本酒)
卒業校 新潟農業・バイオ専門学校(ABio)
卒業学科 バイオテクノロジー科/2年制
在学時に取得した
検定等
中級バイオ技術者認定試験/酸素欠乏危険作業主任者技能講習修了/危険物取扱者乙種4類/品質管理検定4級
出身高校 福島県会津農林高校

在学時のココが良かった!ことは何ですか?

就職に直結した知識・技術を身につけることができる実習が豊富にあったことはもちろん、アビオ祭(学園祭)などの学校行事も良い思い出です。また就活でも就職担当の先生はもちろん、担任の先生の的確なアドバイスがあり良かったです。

学んだことは、役立っていますか?

特に役に立っていることは、日本酒の分析のやり方の授業などはもちろん、日本酒造りの行程をすべて行う実習があり、その実習では積極的に作業にかかわって行っていたので、就職してから職場での作業で困ることなく、覚えることができていること。

これからの目標や夢は何ですか?

自分の手で造った、誰もが納得する日本酒で、人々を幸せにすることが最終目標です。そこにたどり着くまでは、たくさんのことをさらに学び、いろいろなことを吸収して数多くの日本酒造りの行程を任せられるようにがんばっていきたい。

相談会お申込みフォーム

トップに戻る